クレジットカード現金化豆知識

クレジットカード現金化は計画的に利用すればお得になる

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を使って商品を購入して転売するかキャッシュバックを受け取る方法により実現します。
売買が絡むと消費税や手数料が発生するので、決済額よりも手に入れる現金額は少くなります。

金利が低いショッピング枠を活用すれば支払総額を減らせる

クレジットカードのショッピング枠に設定されている金利は、キャッシング枠よりも遥かに低いです。

ショッピング枠が数%の金利に対して、キャッシング枠は年18%という高金利が一般的となっています。

クレジットカード現金化業者へ手数料を払っても長期返済ならお得

クレジットカード現金化を行う際には、換金率と返済金利に加えて返済回数から総返済額を導き出すことになります。

キャッシングによる借入を行った場合と比較して、ショッピング枠現金化が有利なら利用すれば良いわけです。

  • ショッピング枠の低金利で返済できる
  • 2年以上の返済なら多くのケースでキャッシングより返済総額を減らせる
  • 最初から計画的に返済計画を立ててから利用できる

キャッシング枠を使わないことが最良の方法

クレジットカード現金化は、キャッシング枠が全く設定されていない場合に便利なサービスですが、キャッシング枠を使い切っていたら要注意です。
なぜなら、キャッシング枠を使い切った状態で急激にショッピング枠利用が増えると、カード会社の監視が厳しくなるからです。

キャッシング枠を半分残しておけば安心

クレジットカード現金化を計画的に行う場合には、キャッシング枠を半分残すか全く使っていない状態にすると監視システムに引っ掛かりにくくなります。

カード会社の監視システムに引っ掛かると、厳しい目視監視に切り替わるのでクレジットカード利用停止に陥るリスクがあり要注意です。

返済シミュレーションをして計画的に利用しよう

クレジットカード現金化は、キャッシング枠よりも圧倒的に低金利なショッピング枠の金利適用が出来る点が最大のメリットです。

2年以上に渡る長期返済を行うなら、実際に総返済額をキャッシング利用とクレジットカード現金化利用で比較して決めれば良いでしょう。